スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
8月15日、イナーメ開田ライド 夏の陣 2
(続き)天文台の上りからです。

先頭は優くんがベースで、コジマさんが前に出たり、ホソダ師匠も出たかな?
でも、緩斜面区間が終わりヒルクラモードに入ると、優くん、T内くん、ホソダ師匠、自分が先頭集団に。
自分はキレそうになりながらも、一拍緩斜面が入るタイミングで差を詰めてツキイチで我慢の展開。
本当にキレそうなのをギリギリの線で我慢している感じ。

T内くんがダンシングを多様している、以前はダンシングに頼るばかり短時間で撃沈するパターンが多く、
かわゆい(笑)ヤツだったが、どぅやら長持ちしてる、こっちが先にキレそうだゾ。
ホソダ師匠は高ケイデンスなスタイル、心臓強いんだろうなぁー。
スピードが上がるとヒュヒュヒューとケイデンスを上げて対応している。
自分は、、、まぁ、やまめフォームでゴリ踏みですわ。。。

だいたい、ほとんどの区間が20Km/h以上で最低でも18Km/hとかなんだからキツくて当然。
しかし先頭を牽く優くんもさすがに堪えている様で、緩斜面区間で(わざと?)ペースを落としている。
実はこれが助かった。
これがなかったら、キレてたかも。
緩斜面で休み、強坂で死に物狂いでツキイチる展開が続く。

この方面からの天文台の上りは、住宅区間を抜けた後、激坂の1本坂があり、以降4つくらいのコーナーを抜けたら頂上。
1本坂で、T内くんが少しキレ始める(後でパンクと判明)。
すかさずホソダ師匠が優くんとの差を詰め、ツキイチ状態へ。
ホソダ師匠もキツそうにみえる。

激坂1本を抜けたところで、軽くアタックをかけてみる。
優くんの前を牽き、優くんを少し休ませて、ホソダ師匠に勝つ、チームプレイをと作戦だったが。
意外とアタックが決まって、ひょっとすると勝てるか?と思ったが、最終コーナー手前で優くんが横並びに、そのままスプリントへ!
多分、タイヤ差くらい取った!と思うけど、自分視点だから微妙だなぁ。
でも悪くても同着だと思う。

いやぁ、楽しかった。
何か、ミニレースをしているみたいで、ま、チームメイトだけどね(笑)

しかし優くんはさすが。
ずっと牽きまくった挙句にツキイチのT内くんの攻撃、ホソダ師匠の攻撃、自分のアタックと、
波状攻撃を喰らいまくっても譲らぬ地脚と意地はすごい。

4人の先頭集団の中で一番キレそうだった自分が、最後にスプリントしているのも笑えるけど。
ということで、脚パン確定!

頂上でしばらく皆を待っていると、サポートカーが。
そう、今回はイナーメメンバーの皆さんのご好意でサポートカーが2台も。
自分のクーラーボックスとおやつ袋を預けておいた。
要所要所ですごく助けになりました♪ありがとうございました!

天文台の下りもウェット落ち葉状態。
安全第一で下る。
イナーメのキヨさんやカミジョーくんは、プロ(多分)でも走っていた経験があり、下りは滅法速い。
ロードレースで下りが遅かったら話にならないもんな。。。
雨も関係ないわけだし。
下りは課題だ、、大きく、、かつ、すぐにはどうにもならない。。。

三岳の道に戻り、牧尾ダム周回路へ向かう。
雨は降ったり上がったりの微妙な状態が続くが、路面はセミウェットで走りにくさはない。
ちょっと木や落ち葉が多いかな?くらい。
牧尾ダム集回路手前でウィンドブレーカを脱ぎ、バックポケットに詰め込む。

今回は左周りで上りから。
上りを超え、平地に入るとホソダ師匠が激牽き、最初は2列だったが、いつのまにか1列へ。
自分は先頭から4番目、アキラさんの後に陣取る、良いポジション。
ペイさんが、集団に入れず外側を並走している、位置取りがうまくいかなかったみたいだ。

中間の上り区間でブワーっと後方から抜かれる。
おいおい、上りでがんばるんかい、皆。
上りきった後の下りの先、左コーナーがある。
ここはブラインドで、初めて走る時はブレーキをかけてしまうが、実はノーブレーキで全然問題ない。

道を知っている利を活かして、集団外側に出てノーブレーキで左コーナーに侵入し、先頭へ。
そのままアタック!
こないだカーペーサーで練習させてもらった反復練習。
だいたい52Km/hくらいまで加速するが、外側にフロントタイヤが見え、、アキラさん!!
ヤラレターと思ったが、2人の逃げもここで終了。

周回路の復路はひたすらアップダウンが続く、結構厳しいコース。
ここ、実はトンネルがあるので、トンネルで先頭を走りたい。
積極的に先頭を走る。
が、これが皆に火を付けてしまったのか、アタック気味の先頭交代が続くハイペースローテ。
それでもトンネル手前で先頭に居ようと、前から4番手以内に居られる様にローテを継続。

トンネル手前で3番手に居たが、ちょいアタック気味に先頭に立ち、トンネルゲット!
トンネルを抜けると、2番手に居たピナレロプリンスの方が、これもまたアタック気味に先頭へ。
あっという間に最後尾だけど、ちょいキレ状態。。。
アチャチャ。
かろうじて集団に戻れたが、レースでやったらキレるな。。。気をつけねば。

牧尾ダム入り口の道の駅で大休憩。
30分以上休憩しちゃったかな?ま、コースも山は越えたので。。。
脚をマッサージして脚パン状態を少しでもやわらげ様と。。。

走り始めて脚パン状態を確認。
アキラさん共々、、、、おもーいぃ(笑)

続きは明日で良いですか???
[2010/08/16 22:57] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
8月15日、イナーメ開田ライド 夏の陣 1
開田なんです!

もぅ何回参加しただろう。
イナーメ中畑監督主催の開田ライド。
今回は日程的に無理を言って、お盆休み中にしてもらった。
乗鞍レース前の最後のトレーニングとなるだろう、貴重な練習会。

自分とびあんちくんは、前日木曽福島泊。
父親の実家(祖父母はもう他界していないが)を使わせてもらう。
最近、新築して別荘化していて、木曽を走る時には、すごく助かる。

朝7:00に出発し、だいたい7:30くらいに集合場所、木曽馬の里に到着。
松本CCのメンバーはだいたい揃っている、、さすが、、準備が良い。

着替えて準備して記念撮影して、といつもの儀式(笑)が続く。
中畑監督やキヨさん、最近イベントで良くお会いするコジマさん、カコさんご夫妻に挨拶。
おっと、ホソダ師匠もいらっしゃいましたよ!
今度、166Km、標高差3800mの変態(笑)コースにご案内頂けるみたい!たのしみ♪

開田ライドはイナーメに縁のある皆さんとの再会の場でもある。
自分の実力を測る、貴重な機会でもあり、調子を落としている今回は、特に楽しみでもあり、不安でもある。

勝手知ったるコースなので先頭でスタート。
今回は地蔵峠の上りからスタートし、木曽福島~三岳~天文台上り~牧尾ダム周回路~九蔵峠と回る。
開田方面からの地蔵の上りは難易度も低く、距離も短い。
今回はウォームアップと考え、140辺りから徐々に心拍を上げ、頂上付近で180まで。
ちょっと心拍の上がりが鈍い、、190くらいまで上げたかったんだけど、、、不安がよぎる。

木曽福島へ向かい、上町信号から短い激坂にトライ!15.3Km/h、149拍。
旧街道を抜け、右折で木曽福島駅、、かと思いきや、左折して、住宅街の激坂へ。
何て寄り道っ!(笑)
20.3Km/h、179拍。
ホソダ師匠がダンシングで駆け上がり、自分もダンシングで続くが、先に息切れ。。。
化け物だ、、、師匠~(笑)

木曽福島駅で、お土産や、かわいさんにお参り(笑)
お土産やさんと、食事処があり、かわいさんの人柄と自転車熱(笑)が楽しい店。
ブログも書かれています。
木曽チャリでグーグってみて!

タカさんにパンクのトラブルも早々と、三岳方面に出発。
イナーメのリョウさんが案内をしてくれる。
この頃から雨がポツポツと。
0815木曽川
王滝川に出る手前で、やはりの上り付きショートカットコースへ。
結構強坂で、四苦八苦したが何とか乗り切り!
13Km/h、189拍。
おおっ、心拍上がってきた!

三岳の道の駅に到着する頃には雨もザーザー降り。
あちゃちゃーな感じだが、走り始めてしまっては仕方ない。
サングラスを拭き拭き走る。
三岳の道の駅から国道19号方面に戻り、寝覚発電所の横を通り過ぎ、いよいよ天文台への上り。
おそらく今回の開田ライドのハイライトとなる上り。
ここには集中して臨みたいが、雨が邪魔をする。

なんか、長くなりましたかねぇ?
ちょっと小休止しておきます。。。
[2010/08/16 21:00] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スイーツ博
毎年この時期に軽井沢で開催さているオンリースイーツなイベント。

甘~いウェルカムドリンクに始まり、有名パティシエのスイーツ合計5品で、最後はミニケーキの食べ放題!
た、たまらん(笑)


しかし、美しく美味しかった!
[2010/08/05 13:02] | イベント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
乗鞍タイムトライアル
悔しかったので、ラップ分析から。

ポイント  2009レース  2010TT   差 
三本滝     18:00   19:40 +01:40
位ヶ原山荘   30:00   29:59 -00:01
ゴール     21:45   20:20 -01:25
-----  ------ ------ ------
合計    1:09:45 1:09:59 +00:14


ラップボタンで取っていないので、ガーミンのGPSの地図上から拾い出したので、精度は低めです。
目視の記憶と3本滝のタイムが1分弱差があります、、、
それを加味しても、第一区間が遅い。

確かに心拍も185拍を中心に最大が三本滝手前で189拍。
位ヶ原山荘までも191~3拍。
やっと最終区間で195を超え、ゴールで199。

得意なはずの緩斜面でタイムを落とし、勾配のキツくなる区間では、走りにはかなり不満だったが、
タイムを上げていたのは驚き。

月曜日以来、自転車に乗ったので、心臓がついていかないかと思い、早めに到着して入念なウォームアップをしたつもりが、足りなか
ったみたい。
朝のウォームアップでは170拍で三本滝まで上った後、ダンシングで心拍を上げようと努力したが、
苦しんで苦しんで189拍までしか上がらなかった。
やはりコンディション作りにはある程度の負荷を与え続ける事も必要みたいだ。

天気や風向き、気温も絶好でこれ以上ないコンディション。
ここでタイムが出せないのは、全く自分の失敗にほかならない。。。
栂池以来、失敗レースが多くなっているなぁ。。。

ちなみに、帰宅してからすぐ爆睡してしまい、更に21:00過ぎから0:00位までTVを観ながら落ち、
すぐに寝床についたが、7:00近くまで寝てしまった。。。
練習でもこんなに落ちてしまう事はここのところなかったが。。。

たった30Km程度(三本滝アップ+TT)上っただけで、こんなに疲労するとは。
ちょっと疲れが溜まっているのかも。。。

うぅむ、、、悔しかったなぁ。。。
レースでの目標タイムは堂城さんから設定された、1:03台なんだけどな。。。
[2010/08/02 22:20] | イベント | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
8月1日、乗鞍TT
備忘録

乗鞍TT

前日まで仕事や飲みで平日は走れず。
前日も所用で走れなかったので、乗鞍にいち早く乗り込み、入念なウォームアップを。
早朝の乗鞍は雲ひとつない素晴らしい景観!
後で写真を、、、と思っていたら雲行きが速く走る準備をしていたら雲が掛かってしまいました、、、

3本滝までジックリとアップ。
心拍は170程度に抑えて3本滝手前からダンシングで心拍を上げるが、189までしか上がらず。
うぅむ、心拍の上がりが悪いが、筋疲労は抑えたいので、ここでアップを止めて下る。

今回は、カーボンのレーシングライトにビットリア クロノエボの決戦仕様。
軽量かつ高剛性、下りのブレーキングも一切心配なし、素晴らしいホイールです。
ちなみにカンパのハイペロンとはリムは同等で、ハブがアルミになっています。
重量は6g差(笑)
まぁ、とにかく軽くて良く回る、剛性感も申し分ないです。

下ってくるとメンバーがぼつぼつ揃い始めている。
しばらく談笑しながら、スタートを待つ。

タイムトライアルなので申告タイムの遅い順に1人づつスタートしていく。
0801乗鞍スタート
基本は1分間隔でスタートだが、実力差を考慮し、部分的に2分差でのスタート。

自分はエースの優くんの2分前スタート。
何とかゴールまで守り切りたいが、厳しいかな、、、

スタート直前にウィダーゼリーとコーラを飲む。
効くかなぁ?

いよいよスタート。
いつも通り緊張感ないスタート、ダンシングで加速しその後マイペースへ。
調子は悪くなさそうだが、心拍が上がらない。
だいたい180~185付近で推移しているので、いつもより10拍近く低い。
おぃおぃ大丈夫かいな。。。

3本滝までは手元計測で18:30前後。
フラフラしているタクシーに少し邪魔されるも、いよいよ課題の第2区間に入る。
ここからは強坂区間もあり、長く、精神的に苦しい区間。

前方に青いジャージが見える。
自分の1分前にスタートしたJagen RadのN澤さんかな?追いつかねば!とがんばる。
冷泉小屋を過ぎた辺りで追いついたが、N澤さんのチームメイトのハヤシさんだった、、、(汗)
アキラさんのツキイチで頑張ってる。

アキラさんを抜いてしばらくした後、後を振り返るとそこには何と、ハヤシさんがツキイチで。
うぅむ、アキラさんのツキイチから自分のツキイチに移るとは、自力がないと厳しいはず。
根性もありますなー。

位ヶ原山荘までは感覚的には短く感じた。
昨年のレースと比べて、CP1までが2分近く遅かったのに、位ヶ原山荘では、ほぼ同タイム。
課題区間を縮められた!と喜んでいたら、前方にN澤さんが見える。
だいたい30秒くらいの差かな?

森林限界を超え、、今日は風もあまり強くなく、良いコンディションだが、N澤さんとの差をなかなか詰められない。
というか、開いてる?
と思っていたら、後から優くんが。
もぅ、2分を縮めてきたのか、、さすが!
ツキイチになる脚もなく、そのまま放置プレイでマイペース維持。

畳平に近づくにつれ霧が濃くなる。
0801乗鞍大雪渓
大雪渓を過ぎ、大岩からペースアップをするが、ちょっと早過ぎたみたい。
最終手前のコーナーからペダルを踏みしめて、最終コーナーをダンシングでクリアしてゴール!
0801乗鞍ゴール

0801乗鞍畳平

タイムは1:09:59。
センスはあるが、遅い!
昨年のレースタイムすらクリア出来ていない。。。

ちょっとガッカリしながら下る。。。コースコンディションも良かったし、言い訳は出来ないなぁ。。。
本番までに調整がうまく出来ると良いけど。。。
まぁ、無理はせずにがんばろう。
[2010/08/01 21:16] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。