スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
イナーメヒルクライム 2010
いよいよイナーメヒルクライム。

5:30起床、クルマに荷物を積み込んだ後、シャワー。
6:00くらいから雨がポタポタ(汗)
えっ?と思い、あわててR-SYSを準備し、追加で積み込む。
これでホイールはZIPP303が装着されていて、予備でRacingLightとR-SYS、、うぅむ贅沢だ。

まずスタート地点に行き、駐車場を確保。
1チーム1台停めてよい、とのこと。
自転車を組み立て、山形村役場へ向かって下る。

今回、学連のレースは、激坂を含んだコースを3本上るに加えて、山形村役場からスタート地点までのパレード走行がある。
なので、ウォームアップはなし。

役場で、ダハラさんやコジマさん、カコさんと再会!
モチベーション上がります。
最近、知り合いになった、プロの辻浦さんにも挨拶。

ってか、皆アルミホイールでビックリ、自分は軽量カーボンでちょっとブルーに(笑)
激坂の下り、大丈夫かなぁ??

サインを終了し開会式後に、いよいよパレードスタート。
山形小学校から下大池を北上し、基本裏道で唐沢そば集落へ。
俄然、坂がキツくなるので、ここをダンシングでアップ。
スタート地点までで、180拍までいったかな?

到着してバタバタと準備してすぐスタート!
最初なんで遠慮がちに後方からのスタートにしたので、スタート後はちょっと混乱。
1ヘアあたりでは隊列も落ち着いた。

ここでは優くんの直後につける。
優くんは立ち上がりセーブしている様だ。
平地区間を抜けると、優くんのペースについていけず、さよなら。

優くんの後には5人くらいの集団が。
自分は、ほぼ単独。
自分の実力レベルだと、前の集団には着いていけないし、後の集団(あれば?)では多分遅すぎる。
結局単独走。
今回みたいに、3本レースとか、耐久要素があるとちょっと損するなぁ。

清水寺入り口までは少し緩斜面になるので、ここで心拍を整える。
だいたい191~3くらいまでセーブする。
はい、なのでここまでは、195~197だったんです、、、(恐)

激坂区間でも淡々と上る。
若い大学生は、激坂九十九折でイン側をダンシングでいくが、その先でタレる、の繰り返し。
なのでチギられたりチギったりの訳のわからない展開が続く。
ま、マイペースマイペース。

ゴール前の1本坂は、ダンシングでクリア。
途中で大学生に、気持ち後荷重で、と指南(笑)
タイムは25:30くらいかな?

恐怖の下りをクリアして先頭付近で下り、ドリンクの補給とパワージェルを飲む。

2本目のスタートは辻浦さんの直後。
1本目で見える範囲に辻浦さんが居たので、一緒に走れるかと。。。
これが間違い!
辻浦さんスタート直後からアタック気味に、ほぼ先頭近くまで。
自分はスタート後の坂1本はついていったが、これ以上行ったらダメとペースダウン。
何せ、森本さんやFORZAの武井さんも後から抜いて来るんだから、辻浦さんがどんだけアタックしたか、わかるというもの。。。
ちょっと皆に迷惑かけたかもです。。。。

以降は淡々ペースに切り替える。
スカイランド手前も激坂も1本目と全く同じ感覚で走る。
いや、激坂はギアは1枚軽くなった、、というか、インナーローから上げられなくなったゾ。
タイムはラップを押し忘れで不明!

激坂亀の甲羅道路も慣れるものです。
2本目からはダダダダダっと下ってコーナリングもマシになった、、、が、腕がモてばね(笑)
でも、ちょっとだけ習得した感じです。

スカイランドからの2本目の下りはペースカーのペースが速かったので、楽しく下れてオッケー♪
下ったらすぐにパワージェルを補給し、ドリンクを継ぎ足し。
コーラをゴクリゴクリ。

スタート10分前にスタートラインにつき談笑してリラックス。
さっき辻浦さんにヤラれた(笑)ので、今回は最初からマイペースを心がける、と決めた。
3本目は後から一般の部の(元気な)選手が同時スタートするので、バシバシ抜かれない様にガンバらないとっ!

スタート直後の激坂をダンシングでポジションを上げる。
やはり1ヘアまでには隊列が落ち着く、、が、後から一般の部の選手もガシガシくる。
と、トヤくんまで登場。
ちょうど平地区間に差し掛かったので、トヤくんをうまく使ってペースアップ。
前に明らかに苦しそうでペースダウンの優くんが見えて、うまく3人でまわしていけるかな?と期待。

したがっ!パン!プシュー、、、パンク。
ZIPP303、ビットリアクロノエボCX2が悲鳴を上げた!
終わった!
すぐに路肩に寄せ、走り去っていく選手達を眺める(笑)

コジマさんや、一般の部のアキラさん、イナーメのトオルくん、皆、残念そうな表情で声をかけてくれました。
ありがとうございました!
ま、こうゆう事もありますかね!

1分くらいするとタカさんが現れ、、、パンク?どっち!と血相を変えて。。。
タカさんからリアホイールを受け取り交換。
すぐに走り出す!

タカさんが自分のレースを捨ててホイールを貸してくれた。
だいぶ遅れてしまったけど、スカイランドで足切りだけは勘弁!
ホイール借りて足切りなんて、カッコ悪すぎるじゃん!

止まって重くなってしまった脚を振り絞り、上がらなくなった心拍を無理やり上げて190超!
正直、ペースが速かったかどうかわからないけど、ゼェゼェを通り過ぎて、肺からヒューヒュー空気が抜けていく感じ。
ここまで心臓と肺を追い込んだことはないゾ。

イナーメのユウワや、コジマさん、エキップのカワバタさんに追いつき、追い越し、トオルくんも抜いた。
激踏みで、何とかスカイランドに辿り着く、、が、特に足切りの様子はない。
何とか間に合ったのか、、、、

で、終わった、、、すべてが。
後の激坂は全くの地獄、大学生がスピードが乗らずフラフラしているのを見て、おいおい危ないぞと思いながら、自分もフラフラと(笑)
上ハンもブラケットも下ハンもどこも体が悲鳴を上げる。
踵が下がる、、上げる、、上げると太腿が悲鳴を上げる。

最後の1本坂、ダンシングで最後の最後のゴール。
タカさんの想いを乗せて、何とかゴール出来た!

何とか完走して、Class3での順位は10位。
優くんが、Class3で4位に食い込んでいた、さすが!
0912集合写真
楽しいレースだった。
誰かの想いを乗せて走るのは、、、悪くないね。
チームに居て良かった、と思えたサイコーのレースだった。

タカさん重ね重ね、ありがとうございました。
タカさんが上れなかった激坂2本分、近々面倒みますね!(笑)

実家にクルマを返しつつ、スカイパークを1周。
今日は山雅の試合があったみたいで、周回路の前半が歩くヒトで大渋滞!
マイッタ!
ちょっと迂回しながら、クールダウン?してそのまま帰路へ。
スポンサーサイト
[2010/09/12 19:26] | レース | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<9月18日、チーム練 | ホーム | 9月11日、チーム練>>
コメント
最強檄坂×3 大変お疲れ様でした!

三本目はドラマがあったんですね~。
ホイールを直ぐに差し出したキャプテンと、キャプテンの気持ちを背負って見事に走り切った。二人共素晴らしい
良いチームだ!
[2010/09/13 09:30] URL | ヒラリン #- [ 編集 ]
ぴなぴなさん、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!
そんなことがあったんですね(>_<)
ぴなさんもタカさんも美しいですっっ!
タカさん、夕方フクイさんで会ったのに、そんなこと一言も言わないんだもんなあ・・・漢ですねっっ!
[2010/09/13 23:55] URL | コーヒーマン #147.G6T2 [ 編集 ]
いやいや 私からもお礼を言いたい。「ありがとう。」ぴなぴなさんをはじめ皆さんは私の誇りです。
[2010/09/14 08:03] URL | ウルトラマンタカ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://matsumotocc.blog46.fc2.com/tb.php/285-e44ea823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。