スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ツールド美ヶ原、ラップ分析
さぁ、ラップ分析。
どこが遅かったのか。。。
ちょうどJagenRadのヒラリンさんもラップをアップされていたので合わせて。
自分のレースタイムを基準に、ヒラリンさんとTT時とのタイム差を記載しています。

     ヒラリン TT時(6/6) レース(6/27)
美鈴湖  18:13   17:00    17:27
    (+46)  (-27)   (±0)

渋池   29:40   26:55    26:57
    (+2:43)  (-2)    (±0)

二又   47:11   41:19    41:14
    (5:57)  (+5)    (±0)

水場   66:07   59:23    59:16
    (7:01)  (+7)    (±0)

ゴール  79:21   71:53    72:44
    (6:37)  (-51)   (±0)

TTの時は郵便局スタートだったので、自分のタイムはほぼ同等だけど、体の感覚は楽だったので入りは上々。
美鈴湖からの区間を大事に考えていたので、渋池までで25秒詰められたのは作戦通りだし、感覚とも合う。
以降は確かに脚が少し緩んだ感もあり、水場までほぼTT時と同等タイム。
(誤差の範囲でしょう)

やはり平地区間、下り区間でのロスが大きい。
ここだけでTT時に比べて58秒もロスしている、雨霧にビビリ入りで残念な結果に。
もうちょっと攻められるスキルと精神を鍛えなければ。。。

ヒラリンさんはタレた、と言いながらも、ゴールまでTT時より削り取り、タイムアップ。
自分は、水場~ゴールまでの区間で24秒も逆転され、ガックリ。。。

アキラさんは、平地~下り~ゴール区間でTT時より1分も詰めたって。
アキラさんほど速く下れないにしても、ちょっと酷すぎるなぁ。。。

水場までが思い通りのレース運びだったので、なおさら悔しいなぁ。
乗鞍まで2ヶ月。。。
スポンサーサイト
[2010/06/29 07:30] | レース | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。